職場でのイライラを回避する方法!

職場で常にストレスを感じたり、イライラを感じたりすることはありませんか?

沢山の人がいる職場でも、たった数人の職場でも、対人関係でなりたっている場所なので、ちょっとしたことでも、イラっと感じたり上手くいかないなとストレスがたまる日々が続きますね。

職場というのは、毎日のほとんどの時間を過ごす場所であり、生きて行くうえで欠かすことが出来ない場所なので、理不尽な事が横行したり、人間関係で辛い立場に立たされたりすると、イライラはつのり会社に行きたくないとまで思うようになりますよね。

やる気がなくなり、仕事もミスばかりで、成果が上がらず・・・

そんなことにならないように職場のイライラに立ち向かう方法を考えてみましょう。

 

突然の職場での叱責!その時の相手の深層心理を冷静に考える!

突然上司から叱責されたりすることはありませんか?
突然電話で理不尽な要求をされたりしたことはありませんか?

なんで私ばっかりこんな目に合うの?
このままこんな待遇のままでここに居続けて良いの?
昇給もしないし、雑用に追われ、うるさい上司に怒られる毎日を続ける意味はあるの?
もっと自分にあった職場は他にないのか?
あ~、職場にいるとイライラする!

なんて勤めている時は、よく思いますよね。
私も30数年フルタイムで働いていたので、その気持ちよくわかります。

その時は、ただただ苦しくて、早くリタイアしたいとばかり思っていました。

 

でも、辛い、辞めたいというところに焦点をあてるのではなく、もう少し離れた位置で、その相手がどうしてそのように言ったのかを冷静に見る必要があります。

もしかしたら、

ただ叱責した人自身が何となくむしゃくしゃしていて、誰でも良いから怒鳴り散らしたかったのかもしれないし、
本当はあなたが能力があるという事を知っていて、自分の立場を保ちたいから怒ったのかもしれないし、
将来のことを考えて、もっと頑張れよという意味で叱ったのかもしれないし、
・・・・・・

理由はいろいろあると思います。

 

本当にあなた自身が能力がなくてダメな奴だなんて思っていないのかもしれません。
ただカッとしただけかもしれません。

それなのに、あなたが自分はダメな人間だなんて思う必要はありません。

みんなそれぞれ性格が違い、考え方も千差万別、同じものを見ても全然違うことを考えているのです。

叱責した後で、少し言い過ぎたかなとおもっているかもしれないし、もっと叱ってやれと思っているかもしれない。それでもそれは相手自身の事で、その時の相手はどのような気持ちなのか?

ああ、怒ったんですねと冷静に見る、自分自身の感情からは少し離れて!

 

自分自身の心を落ち着けるには?自分の感情を客観的に見る!

 

職場では、ちゃんと実績をあげて評価されたい、みんなに認められたいと思っていますよね。

頑張り屋のあなたは、もっと頑張って出世したいと思っています。

それなのに、職場でほめられずバカにされるということがあると、落ち込んでしまいますよね。

特に自分が有能であると思っている人は、仕事に対して高い目標を持っているだけに、仕事でのストレスはかなりのものです。人より頑張っているのに評価されないなんてことは、ストレス以外の何物でもありません。
そんなときのイライラを回避する方法は?

職場でイラっとした時にする事

まずは、何に対してイラっとしたのかを冷静に見てください。

あいつが怒ったから、怒ったことに対してイラっとしたのか?
競っている同僚の方がみんなにちやほやされることにイラっとしたのか?

何でもいいので、自分のイラっとした感情がどこから来るのか?
何に対してイラっとしたのか?
そしてイラっと感じた自分が、本当はどうありたいのか?

イラっとした自分自身の感情を深く味わってください。

自分自身の想いというのは、自分にしかわかりません。
相手は自分がイラっとしているなんて少しも感じていないかもしれません。

イラっとするには、他に何か自分が大事にしているものがあるはずなんです。

こういう不本意な状況が現れるということは、そこに何か隠された意味があるはずなんです。

鏡の法則というものがありますが、自分におこるすべてのことは、自分の内面を表しているということです。

自分自身が、本当は相手を叱ってやりたいと思っているのかもしれません。もしかしたら叱責されてまで自分を見て欲しかったのかもしれません。
それがそのまま自分に向かって返ってくるということもあるのです。これって怖くないですか?
だから自分の深い深い思いを知る必要があります。

 

嫌なんだ、嫌なんだと感じながらも、もっと先に何か大切にしたいものがあるに違いありません。

自分の心を感じてあげて、そのうえで本当はどうしたかったのか?自分に問いかけてください。

どうしてもイライラしてしまう事があったとしても、自分のことをすぐイライラしてしまうダメな奴だと自己卑下するのではなく、もっとバリバリやっていきたいと思っている、仕事に熱意がある人間なんだと考えてみてください。

自分が主体的になって仕事をしていくと、辛さも半減しますよ。
そうすると働く楽しさも感じられるようになります。

 

今の状況でもよい事はある?すべてに感謝の気持ちを持つ!

 

先ほども書きましたが、すべての出来事は鏡のようなものです。
もの凄く嫌な上司も相性が悪いと思う人との出会いも、すべては自分が招いたものなんです。

そこにいる自分が、意識せず作っている現実なんです。

なので、目の前に現れる人々に対して、自分を成長させてくれる大切な出会いであると思って、感謝の気持ちで接するようにするしてはいかがですか?

感謝の気持ちを忘れずに接していくと、周りは自然と変わっていきます。

嫌な現実でも、それはあなたを成長させてくれるチャンスだと思えば、すべてのことにありがとうという気持ちになれますよね。

今の現状が嫌なんですよね。
その答えは、自分の内面の中にあるんです。

こうまでして、この生活を続けていくということ、そこにはその嫌な出来事を選んでまで自分がやり続けてきた理由が他にあるということです。

その深層心理を知るのには、ちょっとしたテクニックがいりますが・・・

まずは日々仕事に行けることに感謝し、出会った人に感謝して、日々を穏やかに生きていってもらいたいです。

 

まとめ

今回は、職場でのイライラを回避する方法の内容ですが、人と人とが関わるということを考えれば、人生すべてに通ずるところも多いと思います。

仕事に対して前向きになって、心穏やかに立ち向かっていってもらいたい。
そして職場での環境が居心地の良いものになってほしいと願っています。

それでも、時にどうしようもなくイライラが募り、生きて行く自信がなくなったという方には、バーバラゆみこの体験セッションを試してみてください!

お悩み相談も承ります!

https://www.reservestock.jp/page/inquiry_form/27167

文=K(稲)

 

理想の人生を探求「TRIAL」本当のあなたを生きるために

理想の人生を探求TRIAL 今すぐ体験カウンセリング セッションを予約する