なぜ好きなのに嫌いっ!と思うその心理が起きるのか?

好きなのに嫌いって思う心理、ありませんか?

ありますよね?

異性に対する思いもそうなんですが、

自分の周りの人達、友達だったり、

職場の上司だったり、仕事仲間だったり

この人の事は、好きだと思っているとしても

時折、えっ、なんか嫌だなっとか、凄くイライラするとか

感じて、その人の話すことをまともに聞けなくなったりすること。

そして、そんな風に感じてしまう自分に対して、だめなんじゃないかと

思ってしまうこともありますよね。

 

なぜ好きなのに嫌いっ?て思った時

いったい、自分の気持ちは、本当はどうなの?って思いますよね。

 

自分の中でもモヤモヤしてしまい、アンバランスな感情に振り回されています。

そこをスルーするのではなく、

今なぜそう思うのか真剣に考えてみたことありますか?

 

私自身も、

友人や仕事仲間と話していて、

とても楽しくて良い人だと思っているのに、

ちょっとした時に、あっこんなこと言ってると嫌な気持ちになったり、

なんでこの人いつもこんな風に言うのだろうと

心が傷ついたりすることがあります。

こんな時、ネガティブな感情に支配されている私が、ダメな人間なのでは?

ちっちゃい奴だなぁと思ったりします。

 

一緒にお茶してて、最初は当たりさわりのない話で盛り上がっているのに

途中から、なんか違和感?を感じたり、

この人のこういうところが鼻につく、とか

気分が悪くなったりしたことがあります。

 

そんな時、私は心の中で、あっ嫌だと感じてる私がいる~って

自分を外から見ている感じ(笑)

 

男女の交際においては・・・

男女の交際においては、これよくありますよね。

好きなんだろうと思っていても嫌いとか言われる!

お互いをわかってるつもりでいるのに、口に出さない思いは、

全然伝わらない。

こんな時は、嫌いって言いながら、本当は嫌いなんじゃなくて、

自分の欲しい言葉や態度がかえってこないから、

へんに冷たい態度をとったり、邪険に扱ったりしてしまう。

一種の自己防衛です。

なぜ好きなのに嫌いって言う心理になるのか?

その奥にある思いは、もっとわかってよというものかもしれません。

わかって欲しいのに、自分が期待した応えがかえって来ない時、

自分が思っているのとは違う言葉や態度で

自分の感情をごまかすこともあります。

 

素直な気持ちを伝えることが怖くて、反対のことを言ってしまう。

あるあるパターンですね。

そして、反対のことを言ってしまって、関係が悪化する

なんてことになるんですね。

 

もしくは、本当に好きと言う事を伝えるのが恥ずかしい・・・という

気持ちもあるかもしれません。

負けたくないという気持ちが出てくることもあるかもしれません。

 

まあ、本当に嫌いって思っているわけではなくて、

そう言いながら喧嘩遊びをしているということもあります。

 

だけど、その時、自分の気持ちや相手の気持ちをしっかり見ていないと

それがもとで、関係が切れてしまうことにもなります。

 

男女の間で、別れる、別れないの話は、よくあることで、

遊びで行っているうちは良いのですが、

本当に関係が切れることにもなるので、気を付けましょう。

ちょっとした違和感やざわざわ感をしっかり捉えていくことが大事です。

 

好きだけど嫌いって状況に出くわした時、どうしたら良い?

自分で自分の感情を持て余すってことは、よくあるのですが、

本当に素直になって、自分の心の中をのぞいてみると・・・

 

相手が十分に自分の事をわかってくれないのなら、

本当はこんな風に思っている自分がいると

相手に伝えたい思いをしっかり伝えていくことが大事です。

 

でも、もしかしたら、

自分で自分の本当の想いがわからない!って方も多いのではないでしょうか?

なぜ、今ここ、この感情に出くわすのだろう?

それを、丁寧にひろってみてください。

そこには、人と違う自分だけの感じ方、

多分この人はこうなんだろうと思っていたら違った、

自分は、こんなところは評価してほしい、

それなのに、評価されてないとか

まあ、色々な思いが出てきます。

 

単純に、言葉の応酬で、好きとか嫌いを言ってみても意味はないのです。

自分の本当の想い、もっとさらに奥にある自分にとって大切なもの

そこを探っていくと・・・

 

もっと自分のことをわかって欲しい、幸せにしてほしい、

私のここをほめて欲しい  という承認欲求だったり

自分を伸ばしてくれる人になって欲しい、

相手に変わって欲しい という思いだったり

自分と他者との違いを認められない、

自分があの人より勝ちたい という思いだったり

認められていないことへの不安感だったり・・・。

 

色々な思いが出てくるはずです。

出てきたら悪い?

そうじゃないのです。

出てきた様様なものを、そのまんま受け入れる

それで良いのです。

 

自分で自分をごまかしている。

そこに気が付いてないから、苦しくなるのです。

人に求めるのではなくて、自分自身の中を見てみましょう!

 

まとめ

好きなのに嫌いという心理は、心の奥深い部分に

寂しさや怒り、プライドがあったり、恐怖であったり、

自分に対する無価値感、敗北感、などが隠れています。

そんなことに気づき、癒す事が出来れば、

ただ単にそういう感情があったんだと、

それはそれであって良いんだと思えるはずです。

まずは、自分自身を整えるところから直していきたいですよね。

 

理想の人生を探求「TRIAL」本当のあなたを生きるために

理想の人生を探求TRIAL 今すぐ体験カウンセリング セッションを予約する